新型コロナウイルスによって世の中が一変し、新しい生活様式も確立されつつある今日この頃。しかし、健康面・経済面それぞれの側面での影響はまだまだ計り知れないものであり、多くの方が不安な日々を過ごされていらっしゃると思います。

実際に、新型コロナウイルスは各家計にもダメージを及ぼしているようです。
コロナウイルスの影響で収入が減少し、「住宅ローンの支払いが困難になる見込みがある」、または「困難になってしまった」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

例えば、住宅ローンを滞納した状態のまま、金融機関に相談せずに放置してしまったら…どうなってしまうのでしょうか?

今回は、そのようなケースについて解説していきたいと思います。

滞納するとどうなるか

金融機関によって期間の相違はありますが、「滞納後に起こること」を目安としてまとめてみました。

滞納1~6か月

金融機関(銀行)から様々な書類が届きます。

~1か月滞納

金融機関から確認の電話や通知がくる場合があります。
滞納1か月未満であれば、取り立てなどの厳しい措置は行われない場合がほとんどです。

2~3か月滞納

金融機関から督促状が届きます。
この時点で支払いを済ませ、以降期日内に支払うことが出来れば問題はありません。しかし、これ以上放置してしまうと更に厳しい措置が待っています。

3~6か月滞納

催告書(期限の利益喪失の通知書)」が届き、遅延損害金を請求されることがあります。
催告書(期限の利益喪失の通知書)には住宅ローンの残額(金利・遅延損害金も含む)を一括で支払わなければ、債務者(ローン名義人)は住宅ローンを分割して支払う権利を失う、などの内容が記載されています。

POINT

期限の利益喪失
住宅ローンは、毎月決められた期限・金額を返済するものです。
金融機関(銀行)と交わした金銭消費貸借契約の中には、「住宅ローンを毎月分割して支払うことを認める」内容が記載されています。このことを「期限の利益」といいます。
しかし、滞納し続けてしまうと、銀行と交わした契約を守れていない事になるため住宅ローンを一括で返済しなければならなくなります。これを「期限の利益喪失」といいます。

この段階になると任意売却の最終期限に近くなるので、なるべく早い段階で任意売却を検討されることをお勧めします。

滞納7か月~

滞納をしてから半年以上が過ぎると、金融機関以外からもさまざまな書類が届き、最終的には家が競売にかけられます。

「代位弁済通知」が届く

代位弁済(保証会社が債務者に代わって住宅ローンの残額を金融機関に支払った)のお知らせが届きます。
住宅ローンの残額・滞納時の遅延損害金なども含めて一括返済せず、そのまま放置しておくと、競売の申立が行われます。そして、滞納からほぼ1年も経たないうちに家は競売に掛けられてしまうのです。

競売を回避するためには、任意売却の速やかな手続きが必要となります。

POINT

任意売却とは?
住宅ローンを滞納している状況、もしくは、売却金額より住宅ローンの残高が多い状況の中、債権者(借り入れ先の銀行など)と話し合いをした上、同意を得て売却することです。
任意売却に対し、売却金額でローンの残高がまかなえる状況、もしくは売却金額と自己資金などで残高が返済できる状況のことを通常売却といいます。
参考:一般財団法人 全日本任意売却支援協会(https://ninbai-japan.or.jp/faq/ninnibaikyaku-tsujonobaikyaku

裁判所から「競売開始決定通知書」が届く

保証会社からの申し立てを受けて「競売」手続きを開始したことを知らせるための書類です。

POINT

競売が確定した場合
競売は期間入札形式で行われ、市場価格よりも安価な価格で落札されるのが一般的です。落札して取引が完了すると、居住中であっても指定日までに退去しなければなりません。

競売の入札期間でも任意売却によって競売を取り下げられる可能性はあります。

滞納する前に早めのご相談を!

住宅ローンのお支払いの継続が危ぶまれる際には、売却も視野に入れた、早めのご相談が重要となってきます。
大切なのはローンを滞納する前に、まず金融機関等に支払いについて相談することです。

それでも支払いが厳しい様であれば、「競売」に掛けられてしまう前に通常の売却もしくは任意売却を検討しましょう。

参考記事↓

弊社では、通常の売却はもちろん、任意売却をお考えの方へのご提案もさせて頂いております。

また、グループ会社の「グピカライフパートナー」ではFP(ファイナンシャルプランナー)による相談も無料で行っております。
ご興味のある方は、今後のライフプランを再確認するためにも是非一度ご相談下さい。

お問合せフォームはこちら

投稿者: グピカホーム